JASRACを叩いてる人は馬鹿

ダウンロード (1)

日本インターネット界では、JASRACは親の仇のように叩かれまくっている。

著作権保護を名目に全国各地ありとあらゆる手段で難癖をつけて楽曲使用料を徴収するのに、アーティストにはロクに金を払わず私腹を肥やす悪の組織。日本の音楽文化を衰退させる癌細胞。

概ねこんな感じだろうか。

正直、この手の話を真に受けてJASRACを叩いてる人は馬鹿だと思ってる。

ネットの書き込みを基に仮想敵国として韓国のイメージを歪に肥大化させ、イカれた世界観を構築しトンデモ理論を振りかざす日本インターネット界の馬鹿の象徴・ネトウヨと同レベルだと思ってる。

まぁネトウヨしながらJASRACを叩いてる人多いと思うけど。

馬鹿は馬鹿である自覚が無いから正しい知識を得ようともしないし、どんな情報を得ようとも自分にとって都合の良い結論に結び付ける。それが難しい場合は無条件にその情報が間違い、または関係者の工作と決め付ける。

要するに学ぼうとしない。だから馬鹿なのだ。

ムキーッとなってしまいそうになったそこのあなた。

今日は小学生でも理解できるように物凄く分かりやすく書くので、どうか感情的にならず最後まで読んでください。それでもまだ納得できないならメール送ってきてください。

質問・相談お待ちしております。
メールアドレスや名前等の個人情報は伏せ、本文のみ公開してブログで回答します。

honnnestation777@gmail.com
 


JASRACは誰の為に仕事してるか知ってますか?

img_assent

JASRACは楽曲使用料を徴収する仕事をしている。

では、JASRACは誰の為に楽曲使用料を徴収しているのか?

馬鹿じゃない人は当然わかってると思う。

もちろん著作者の為だ。アーティストの為だ。

アーティストが「楽曲使用料を徴収して欲しい」と言う意思を持っているからJASRACと契約してJASRACに楽曲使用料を徴収してもらっている。

JASRACの方針を決定するのは著作者

person_il001

天下りのわけわからん偉いオッサン達が方針を決めて、アーティストからピンハネして私腹を肥やしている訳じゃない。

JASRACの方針を決定するのはJASRAC会員、すなわち著作者、アーティスト達だ。

JASRACを叩いている馬鹿は、著作者を叩いていると言う自覚はあるのだろうか?

素直になろう、著作権そのものが気に入らないんでしょ?

o5RJ4HwgeEyiLugd-718x404

正直、その気持ちは痛いほどよく分かる。

俺もこのブログに使ってる画像をはじめ、日常生活、インターネットライフの中でけっこう著作権侵害しちゃってる。

いちいち金払うなんて面倒くさい、気に食わない。

AVも音楽も漫画もTV番組も映画も、できることなら無料で楽しみたい。違法アップロードされてたらつい群がっちゃうよね。

でも、著作者からしたらたまったもんじゃないよね。そんなガキンチョのワガママ通らないよね。

ちょっと前に使用料払わずに音楽流してた飲食店がJASRACに使用料請求されて憤慨してたり、某音楽教室が「教育現場からも楽曲使用料を徴収するのか」なんてゴネてたけど、そういうのは「盗人猛々しい」って言うんだよ。

使用料払いたくないなら使うなよとしか言いようがない。

JASRAC、著作者を悪者にしちゃいけない。

それは泥棒が「家主は悪だ!店員は悪だ!警察は悪だ!」と叫ぶくらい滑稽だ。

雅楽の件


この一件で「JASRACは著作権の無い案件でも金を取ろうとしている!」と馬鹿が大いに盛り上がった。

でも、この話にはちゃんと続きがある。


2012年12月14日 一般社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)

雅楽演奏者へのお問い合わせについて

昨日よりJASRACが雅楽演奏者の方へ著作物使用料の支払いを求めたなど、SNS等での書き込みや報道などがなされていることについて、ご説明いたします。

JASRACでは、全国各地で行われる演奏会などの催物において、JASRACの管理楽曲(以下「管理楽曲」という。)を利用される場合には、催物の主催者の方から手続きのお申込みをいただいた上で、著作物使用料のお支払いをいただいております。管理楽曲の利用を確認せずに、著作物使用料のお支払いを求めることはございません。

管理楽曲の利用が定かでない演奏会等の場合、主催者の方に電話や書面等でご連絡をし、管理楽曲のご利用の有無を確認させていただくことがあり、著作権消滅等、管理楽曲のないことが確認できた場合には、当然に著作物使用料のお支払いは必要ございません。

JASRACは、このような確認を通常業務として行っておりますが、これはJASRACが信託を受けた作詞・作曲者など著作権者の権利を守るために行っているものです。

なにとぞ皆様方のご理解とご協力をお願いいたします。

この度の件に関し、雅楽は平安時代から伝わる古典芸術であり、通常は著作権が存在するような楽曲ではありません。しかし、現代雅楽など著作権の存続する楽曲がこれら催物において利用される場合もあり、そのため、主催者である雅楽演奏者の方にご連絡を差し上げ確認をさせていただきました。その際、問い合わせのやり取りの中で、ご不快な思いをお持ちになったとのことがありましたので、このことにつきまして直接ご本人にお詫び申し上げました。

JASRACでは、演奏会等を主催する主催者の方に著作権管理へのご理解とご協力がいただけるよう、ご案内等の際の一層の質的向上に努めてまいります。

以 上


要するに、著作権の存続する楽曲を使用していないか確認しただけ。

使ってないのに確認されたら気に入らないとか、雅楽を「がらく」と間違えるのは非常識ってのは理解できるけど・・・

怪しい組織だろ!金の流れが不透明だ!

d22c1adb

それはあなたの妄想です。
隅々まで読んでください。

https://www.jasrac.or.jp/index.html


自分が著作者だったらと考えてみよう

CDZyl-XUUAEucUn

なんでもいい。自分が一生懸命作ったモノが無断でどこの誰とも知らない誰かに使われたら?

自分の著作物で勝手に商売されたら?一発当てれると思った会心の作品が無料で楽しまれてたら?

きっと、「ちゃんと金払え!払わないならどうにかして払わせてたい!」と思うんじゃないかな。

全国各地で使用料を徴収してくれる組織に手数料を支払ってでもお金を払ってもらおうとするんじゃないかな。

正直、俺のこんなゴミみたいなブログでも、どこぞのゴミみたいな掲示板・それをまとめるアフィリエイトブログに無断転載されたら腸が煮えくり返る。金払えよと。

でも、それは日常的に著作権を侵害してる俺が言えた事じゃないからムキーッとなってそれで終わり。

俺も馬鹿だな。