読者からのメール

初めまして。
2016年の1月に綴られていた「DV加害者と話し合った」 を読ませていただきました。
 
主人について検索をかけている時にたどり着いた次第です。
 
3日前に主人から暴行暴言を受け現在に至ります。
その間に暴行暴言を受けてきたのは1年半の間で暴行は7回です。
また、必ず私の言動、 行動が相手への逆鱗に触れていると言われ続けてきました。
 
暴行の程度は、痣になる程度で、胸ぐらを掴み突き飛ばす。土下座を数時間行う。髪を掴み壁に叩きつける。馬乗りになり押さえつける。首を力強く絞め続ける。腕を力づくで圧し折ろうとする。等々で、いづれも苦しそうに悶えると手を離し、折れそうと悟えば手を離し、壁にぶつけすぎて目が虚ろになると辞めるが、それを数時間に渡り繰り返されるといった流れです。
私の腕の中に赤ちゃんが居ても彼には目に映らず、赤子への怪我を阻止する為に庇う私の身体が悲鳴をあげて居ても、悲劇のヒロインぶるな!と怒鳴られ次の手が飛んできます。
 
相手がこうなる時の事の発端はいつだって私にあると彼は申します
そうなのかもしれない。
いや、そうであってもここまでの仕打ちは…。
私にはよく分かりません。
ですので、次の彼への私の対応はまた凶と出て、 このような事態に発展してしまいます。
 
日常的なことではないです。
ですが接触のある休日ともなると、 私の主人への気の張りようといえば、とてつもなくストレスで。
失敗してしまった時に限って上記の結果となります。
 
そんなこんなで、現状なのですが
本日、主人に謝罪をしたいから話がしたいと言われました。
何をでしょう。 きっと手を出したことかと思うのですが私は何を主人と話すのでし ょうか。
どの様に向き合うのでしょう。
今回以前の時は、私は向き合う気持ちで話の場を設けてきました。
ですが、主人には何も伝えるすべは無く、繰り返されてきます。
私は場を設けるたび自身について考え、 はたまた私は何か人を怒らすような病的なものが潜んでるのでは… とも考えました。
主人にも、精神科に行くことを進められております。
 
私は主人にとって主人と対等に話せる存在ではないように見受けら れますが
どのように会話を進めれば、話し合い。 というものになってくれるのでしょうか

こちらの記事(DV加害者と話し合った)を読んでくださったなら理解していただけたと思いますが、ご主人はあなたを舐めているからDVするんです。

ご主人は職場で腹立たしいことがあっても暴れませんし、街で喧嘩を吹っ掛けられても近くに警察官が居たら手を出しません。

あなたがロクな反撃手段を持っていないと分かっているから、そこまでの暴挙に及ぶんです。

簡単に言うと、暴力を用いて服従を目論んでいます。もはや夫婦としても破綻していますし、いち人間としての尊厳も壊されていますね。

その証拠に、あなたは今も悠長に話し合いに応じようかどうか迷っているじゃないですか。

厳しい言い方になりますが、寝言言ってる場合じゃないですよ。

今後行くべき所は精神科でもなければご主人との話し合いの場でもなく、警察と行政の相談窓口です。

間違っても「主人と仲良く暮らしたいので暴力を止めて欲しい」なんて相談しちゃダメですよ。「命の危険を感じる暴行を受けるので逃げたい」と相談してください。

 あなたひとりの命ではありません。守るべきものを守る為には「敵」から逃げるか戦わなければなりません。

もしあなたに他人を不快にさせる何かがあったとしても、それの改善は二の次です。

まずすべき事は何か、よく考えて行動してください。


質問・相談お待ちしております。
メールアドレスや名前等の個人情報は伏せ、本文のみ公開してブログで回答します。

honnnestation777@gmail.com