人間には暴露欲がある

f41a26e3-l

秘密の話、秘密にしたいなら誰にも話さず黙っていればいいのにあなたの耳に入ってきたことはないだろうか?また、秘密の話をしてしまった事はないだろうか?

そう。自白含め、人間は知り得た情報を話さずにはいられない生き物だ。

そしてその情報が秘密の情報である場合、それは暴露となる。

一般的にはマイナスイメージの暴露だが、日常のありとあらゆる場面で暴露が行われている。


単純な話だが、絶対誰にも知られたくないなら誰にも話さず封印しておけばいいのだ。

しかし、完璧にそれができた人は殆ど居ない。

とどのつまり、秘密を本当の意味で守ろうとしていないのだ。人間は暴露せずにはいられないのだ。

秘密を守りたい相手には守れるだろう

wormtail1

少し揚げ足取りのような文章になってしまったが、正確にはこうだと思う。

ある特定の人物、集団に知られなければそれでいいのだ。だからガードが下がり、つい暴露してしまう。

その暴露先は秘密を守りたい相手から関係性の薄い誰か、もしくは信頼している誰かが多いはずだ。

だが、それでも秘密は大して守られない。


重大な秘密ほど暴かれ易い

tak606-jlp11923796

例えば「誰かが殺人を犯した」と言う決定的な情報をあなたが得たらどうするだろうか?

警察等にもまだ認知されいない段階で知り得た秘密だ。

多分あなたは暴露するだろう。
と言うか、しなきゃダメだ。

では、自らが殺人事件を犯したらどうだろう?

経験が無いので分からないが、恐らく俺は誰にも話さない。喋って楽になりたいとはよく聞くが、捕まる前に自らペラペラ喋るような人はアホだ。

だが、この場合は警察も本気を出してくるし、社会の全ての目が監視の目となる。

重大な秘密の場合は己の暴露欲とは無関係に、社会や他人の正義感を敵に回す事になる。

秘密を守ろうとしても暴かれてしまう可能性が飛躍的に高まっていく。

暴露の連鎖

kanoeiko1

では、これが刑事事件にならないような秘密であればどうだろうか?

恐らく、あなたは誰かとの雑談のタネにしてしまうだろう。

自分が秘密を守りたいけど暴露してしまった場合も、自分が知り得た秘密を暴露してしまった場合も同様だ。一度目の暴露がなされた時点で暴露の連鎖が始まる。

「話せるような話なら別に良いだろう」

そう思われて当然だ。次の暴露が行われ、更なる拡散がなされる。

そして忘れた頃に秘密を守りたかった相手にバレてしまう。

時の流れは警戒心を低下させる

slamdunk_24_161

秘密は警戒心によって守られる。

だが、その警戒心を極限まで高めた状態で生きていくことは至難の技だ。

一瞬たりとも油断しない人生は送れない。

日常の何気ない暮らしの中で、秘密を守りながらも得られる幸せの中であなたの警戒心は低下していく。一度守れたのだから、次も守れるだろう。

嘘が癖になる。偽る事に躊躇が無くなる。

あなた自身ですら、その秘密の記憶が薄れていくかもしれない。一片の警戒心すら失われかける。

やがて・・・

どんな秘密でも、バレる確率は大差無い

001

結局、社会を揺るがすような重大な秘密でも、世間一般にありふれているような会社や恋人に隠したい程度の秘密でも、バレる確率は大差無い。

誰しも秘密を暴露したいと言う欲がある。重大な秘密を知り得たいと言う欲がある。

今だから暴露できる事だが、俺も様々な暴露をしてきた。

主に嫌いな人間の秘密を暴露して天誅を下した気分に浸っていた。

それは地元の噂話だったりもしたし、ネットを介した陰湿な暴露だったりもした。

そして、数多くの暴露もされてきた。

一緒に寝ていた女に、何度も何度も携帯のロックを突破された。

気が遠くなるほどの回数を試行されたり、指の動きをチェックされていたり、指を押し当てられ指紋認証を突破されたり・・・

自らの携帯に証拠を残していなかった場合でも、周りから攻められた。

俺が不用心と言えばそれまでだが、恐らく、その気になった相手に秘密を守り切る事はほぼ不可能だ。

秘密は墓場まで持っていけない。

墓場まで持っていくような秘密を作らない

images (6)

これはキレイ事ではない。

そんな人生を歩んでいたほうが遥かに楽で幸せなのだ。

何かに怯え、偽り続ける事で得られる幸せにそこまでの価値があるだろうか?

もし何か隠したいような事実を作ってしまったとしても、自分のしでかした事実を曲げず、逃げ出さず、負うべき責任を負う。結末を受け入れる。

昔の俺含め、墓場まで持っていくような秘密を抱えて生きている人は不幸だ。

優しい嘘も必要だとかそんな当たり前の話はしていない。

墓場まで持っていくほどの秘密であれば、時の流れによる風化は望めない。むしろ長年騙し続けた事実が上乗せとなり、より大きな責任を問われる事となる。

・・・・と長々と綴った所で、俺にも重大な秘密がまだあった。

こんなブログを書いていること、妙なTwitterをやっている事だ。

もしその事実を暴露できる相手ができたなら、そんな関係を築けたなら、俺は本当の意味で幸福になっているかも知れない。