美人や好きな女の人を目の前にすると何を話していいか分からなく なり、また堂々と出来なくなります
これは女の人に慣れたら治るものでしょうか?

もしかして、足りてないのは自信じゃないかな?

02

なんでもそうだよね。

慣れれば緊張しなくなる。だけど、何故慣れないか?と言う所を考えなきゃいけない。

多分だけど、自信が足りてない。

自信とは文字通り、自分への信用・信頼だ。

自分を信じる力はどのようにして身につくかと言うと「成功体験」なんだよね。

成功体験がないと自信なんてつきゃしない。

成功体験が自信を生む

img_7e2d60b57f80664fd98c82a3c9b41da5266986

この表情を見てくれ。

イチローはいつも自信満々だ。

その自信満々なコメントや振る舞いから「態度がデカい」「偉そう」と批判される事もある。アンチも多い。

もちろんイチローの自信は根拠の無い自信などでは無いし、天才的な才能と血の滲むような努力に裏打ちされた確固たるもの。

日本一野球に対して自信を持っていい人だ。

これほどの成功体験をしてきた人間はそう居ない。

しかも、イチローは超がつくほどの努力家。努力の結果、成功を勝ち取っている。

天才的な才能も必要だが、決して偶然などではない。

そりゃ、自信満々にもなるよね・・・

小さな成功体験がくれる小さな自信がスタート

seikou1

イチローはあまりにも極端な成功者。

でも、恋愛における自信も理屈は同じだ。って言うか仕事でも勉強でもなんでも同じだ。

小さな成功体験が小さな自信を生む。

小さな自信が少し大きな成功体験へ挑戦する勇気をくれる。

その繰り返しで「大成功」に辿り着ける。

成功体験で得た自信は人間を支える背骨のようなものだと思ってる。

俺も、こんなブログだから言える事だが自信に満ち溢れてる。

周りの人間は「え?お前が?w」と思うだろう。でもホントに自信満々なんだ。

今、俺の背骨となっているのは

「皆から人気のあの娘を落とせた」
「どんな女とも仲良くなる程度は余裕」
「狙った獲物は殆ど逃さなくなった」
「狙ってなくてもちょくちょく落ちる」

と言う、俺のこれまでの人生では考えられない程の強烈な成功体験だ。

勉強や努力の結果、それができた。当たり前にできるようになった。

だから、昔ほど緊張しなくなった。

嫌な奴、アホな奴と思われてもいい。

「俺を好きにならない程度の女に用は無い」って思ってる。

いきなり大成功は掴めない

jpn_den0626_02

「好きな人」「美人」はワールドカップのピッチやメジャーリーグのグランドみたいなもんだ。

当たり前の話だが、ワールドカップのピッチやメジャーリーグのグランドで躍動する連中は例外無く過去に、もっと小さな舞台、陽の当たらない舞台で成功を積み上げてきている。

まだ「好きな人」「美人」に挑戦できるほどの成功体験を積んでいない。

これは何も、好きになる女のレベルを落とせと言う話ではないよ。

根本的な「コミュニケーション」「会話」と言う点での成功体験が足りていないって事だ。

良かったら、こう言うトレーニング法も試してみて欲しい。↓成功体験を積み上げる練習だ。

※緊張して上手く喋れない人の為のトレーニング法

勝負に適度な緊張感は必要
 
images (2)

その一方で「緊張して当然じゃん」と言う考え方も持っている。

「緊張するな、俺!」と言う意識よりも「緊張してるなぁ、俺w」くらいの意識の方が楽になれる。

失敗しても命までは取られない。

勝負に適度な緊張感は必要だ。

フニャフニャしてなーんも緊張感無しってのもそれはそれで失敗が多くなりそうだしね。



質問・相談お待ちしております。
honnestation86@gmail.com


人気ブログランキングへ