こんにちは
いつもブログを拝見させていただいております
本音を語るブログということで、 耳が痛い言葉もありますが自分と似たような考えもあり楽しませて いただいています
さて、 このブログを見ていると共感というものに非常に重きを置いている ように感じます。
私も重要だと思いますし、 出来ていない部分になっているので技術を習得する必要があると思 っていますが、他の恋愛コラムや、 サイトを見ていると共感し過ぎは良くないと書いてあるものもあり ます。相手の意思がそこまで感じられないものは共感せず、 自分の意見を述べろということみたいです。 イノセントボーイさんは共感もやり過ぎは良くないとお考えでしょうか?
また、 イジりという要素を取り入れなさいと教えているものもあるのです がイノセントボーイさんはイジりというものについてどうお考えでしょうか? 意見を頂ければ幸いです
 

俺は基本的にあまり持論を展開しません

LOY9aT4Z3moqUC1_qkAr9_7

臆病者、自分が無い人間と思われるかも知れませんが「意思が本当に無いのか」を確認する術が無いからです。

持論を言ってしまう時でも一旦共感して受け止めてからやんわりと、です。

なるべく「否定」の色を薄くするよう心掛けています。

本当にそれが必要な場面かどうか、考えてから持論を展開します。

持論をぶつける価値のある場面は、自分の中ではあまりありません。

少年期の話ですが、今でも胸に突き刺さっている言葉です。

「アタシはアタシなりに、そう思うんだなぁ・・・くらいに受け止めて欲しい。」

彼女の意見はいつも自分と違いました。
ですが、俺の意見を蔑ろにしたり、俺と言う人間を否定するつもりは無かったのです。

「口論」をしたい訳ではない。

ただ、大好きな人に持論を聞いて欲しい。

人間の悲しき習性で、好きな人であればあるほど、価値観や思想がより近いものであって欲しいと願います。

当時の俺には「違い」を認めれるだけの力がありませんでした。

これは、歳をいくつ重ねても基本的には不変の習性です。

だから、俺は好きな人には「持論を言う機会」を譲ります。はっきり言って我慢、努力してます。

そして、絶対に本人に伝わらない場所(インターネットや日記帳)で持論をぶちまけて発散します。

イジりは確信を得てから

BN-CZ470_0529_4_G_20140528191816

「生え際が後退しているのではない。頭皮が前進しているのだ。」



よく言われてる事ですが、イジっていいポイントとダメなポイントが存在します。

多くの場合「本人が乗り越えたかどうか」が境界線です。

ハゲを積極的にネタにしてる人もいれば、真剣に悩んで隠そう隠そうとしている人も居ます。

変なファッションにも、もしかしたら絶対にバカにされたくない程に強い拘りがあるかもしれません。

荒れ果てた家庭環境、頭の悪さ、大恥をかいたエピソード・・・乗り越えれてない人は多いです。

イジりは上手く行けば、心の距離を一気に縮めると思われがちですが、自分の考えは違います。

心の距離が縮んだ状態だからこそ、イジりポイントを判別できるのです。

仮に、嫌なポイントを突いたとしてもそこに悪意が無いと分かるから、そんな事どうでもいいくらいに相手の良さを知っているから、許せるのです。

芸人のイジりは、ビジネスです。

事前の挨拶やアフターフォロー、テレビに映ってない部分での出来事があるから許されるのです。

俺もイジりをすることはちょくちょくありますが、確信を得てからです。

そう言う意味では、自虐ネタで積極的にイジりポイントを開示していくことは大事です。

相手にイジりポイントが分かりやすいし余計な気遣いを減らせます。

確信を得ても、イジり過ぎは良くないですけどね。


人気ブログランキングへ